公益財団法人 古紙再生促進センター Paper Recycling Promotion Center
  • 文字サイズ変更小
  • 中
  • 大
  • 関連リンク
  • サイトマップ


どんなふうに生まれ変わるの?
古紙は新聞紙や段ボール箱などさまざまな製品となって活躍しています。紙は何回かリサイクルでき、古紙は
それぞれ種類ごとに、さまざまな紙製品に生まれ変わっています。
古紙をきちんと分けて回収されることで、また新しい命が吹きこまれます。
さらに古紙は紙以外の製品にも使われています。
皆さん一人ひとりが環境問題をよく考えるようになり、自然にやさしい古紙がさらに大事にされ多く使われています。



たまご、りんごなどをのせるトレー、
電気製品などの
クッション材料
油を早くきれいに
吸い取り自然を守る材料
家具やたななどに
利用
牛などが小屋で
育てられるとき、
わらなどの替わりに
敷くもの
建物で、外の熱さや 大きな音を 防ぐもの
紙くずとプラスチックを 材料にした油などに 替わる燃料
ページTOPへ戻るホームへ戻る
FLASH PLAYER
ADOBE READER
本サイトをご覧いただくためには各コンテンツに応じて「Adobe Flash Player」プラグイン(無料)、
ならびに「Adobe Reader」プラグイン(無料)が必要です。
プラグインのダウンロード方法や詳細に関しましてはAdobe社のウェブサイトをご覧ください。

古紙再生促進センター|〒104-0042 東京都中央区入船3丁目10番9号 新富町ビル
Copyright (C) Paper Recycling Promotion Center, All Rights Reserved.