公益財団法人 古紙再生促進センター Paper Recycling Promotion Center
  • 文字サイズ変更小
  • 中
  • 大
  • 関連リンク
  • サイトマップ

「雑がみ」と「オフィスペーパー」
「雑がみ」と「オフィスペーパー」の分別排出基準
   自治体による古紙の行政回収が普及してきたことなどに伴い、家庭から排出される雑紙類を雑誌に含めて回収されるようになり、雑誌古紙の品質低下が問題になってきました。そのため、雑誌古紙が本来の品質を保持するとともに、家庭からの雑紙類を円滑に回収してリサイクル促進につなげることの2点を目的として、雑紙類について新たな古紙銘柄「雑がみ」を設定しました。
   「雑誌」と「雑がみ」を区分することの必要性が明確になり、雑紙類が独立した排出区分として取り扱われることが期待されます。
   また、オフィスから排出されるミックス古紙も事業系紙ごみの焼却禁止措置等により増加していることから、家庭からの雑紙類と同様に新たな古紙銘柄として「オフィスペーパー」を設定しました。


1.雑がみとは
   雑がみとは、家庭から排出される古紙のうち、新聞(折込チラシを含む)、雑誌、段ボール、飲料用パックのいずれの区分にも入らないものを言います。具体的には、家庭で不要となった投込みチラシ、パンフレット、コピー紙、包装紙、紙袋、紙箱などの紙全般を指します。

   ※ただし、食品や洗剤等が付着しているもの、金紙、銀紙の使用されているもの、プラスチックとの複合素材の製品は回収の対象から除きます。


2.雑がみを排出する際の留意事項
   ●シールが貼られたはがきや封筒は、シールを取り除くこと。
   ●プラスチックフィルムのついたティッシュ取り出し口や窓枠封筒は、その部分を取り除くこと。
   ●プラスチックフィルムが貼られた雑誌の表紙などは、その部分の表紙などを取り除くこと。
   ●金属やプラスチックが付着したファイル、バインダーは金属やプラスチックを取り除くこと。
   ●紙や紙箱に貼られた粘着テープは、取り除くこと。


3.雑がみの排出方法
   大きさを揃えて(細かいものは紙袋に入れて)、紙ひもなどで十文字にしばります。
   ※また、地域により雑がみとしてまだ分別回収していない、あるいは雑誌古紙などに含めて回収している場合、現状では地域の分別方法で回収にご協力お願いします。


ページTOPへ戻るホームへ戻る
FLASH PLAYER
ADOBE READER
本サイトをご覧いただくためには各コンテンツに応じて「Adobe Flash Player」プラグイン(無料)、
ならびに「Adobe Reader」プラグイン(無料)が必要です。
プラグインのダウンロード方法や詳細に関しましてはAdobe社のウェブサイトをご覧ください。
古紙再生促進センター|〒104-0042 東京都中央区入船3丁目10番9号 新富町ビル
Copyright (C) Paper Recycling Promotion Center, All Rights Reserved.