公益財団法人 古紙再生促進センター Paper Recycling Promotion Center
  • 文字サイズ変更小
  • 中
  • 大
  • 関連リンク
  • サイトマップ

集団回収とは

   家庭から出る古紙を資源として生かそうと思っても、一人では限界があります。回収業者にとっても一軒一軒家庭を回って古紙を集めるには時間と手間がかかりすぎます。

   そこで、同じ地域に住む人々が、一定の時間と場所を決めて、古紙などの再生資源を大量に集めて回収業者に引き渡すのが集団回収です。

   この方法は、家庭にとっても、回収業者にもメリットがあることから、全国各地で行われており、家庭からの古紙回収の重要な形になっています。

   集団回収が行われれば、古紙は資源として確実に回収されるうえ、回収日が決まっていれば、家庭での古紙の整理もしやすくなります。回収業者としても、まとめて回収できるので、回収費用が少なくてすみます。回収の日程や量の予定も立てることができるようになります。

   集団回収の中心となるのは、町内会、自治会、こども会、婦人会、PTAなどで、地域の事情に応じた運営がされています。それをささえるのは、集団回収のメリットを理解したみなさんの協力です。

   集団回収は、資源を活用し、ゴミを減らし、地域住民の新しいコミニュケーションの場を提供するなど、地域社会にさまざまな貢献をする活動となっています。

   このように、全国各地で集団回収が広まっている一方、地域によっては紙類が可燃ゴミの中に大量に混入されているという残念な声も聞かれます。どうか、古紙をはじめ、さまざまな資源物は、再生資源として回収いただくよう、ご協力をお願いいたします。


ページTOPへ戻るホームへ戻る
FLASH PLAYER
ADOBE READER
本サイトをご覧いただくためには各コンテンツに応じて「Adobe Flash Player」プラグイン(無料)、
ならびに「Adobe Reader」プラグイン(無料)が必要です。
プラグインのダウンロード方法や詳細に関しましてはAdobe社のウェブサイトをご覧ください。
古紙再生促進センター|〒104-0042 東京都中央区入船3丁目10番9号 新富町ビル
Copyright (C) Paper Recycling Promotion Center, All Rights Reserved.